医療機関での受診する基準について

シミの治療法というのはシミの原因のメラニン、そしてメラニンを作り出すメラノサイトに働きかけるケアというものになります。シミを消したいという場合は、レーザー治療、光治療、ケミカルピーリングがありますが、これは皮膚科に行くようにしてください。ちなみに肝斑はレーザー治療をすることで悪化してしまうので注意しておきましょう。

 

また、日光に当たらない胸や腹、そして背などに発生したという場合、シミの中にただれが発生したという場合、シミが盛り上がってきた場合、短期間で目立つようになった場合、シミに痛みや痒みが生じてきた場合に関しては違う病気の可能性もありますので、そういった症状が出てきたら専門家に相談してください。

 

また、医療機関での治療方法に関しては上記で理解できたとは思いますが、セルフケアが出来る場合もあります。紫外線などによってシミが酷くなる場合がありますので、出来るだけ紫外線に当たらないようにする、もしくは日焼け止めなどをしっかりと塗るということもシミの対策になりますので覚えておきましょう。

 

とにかくシミが出来てしまったら一度診て貰うという感じでももちろん構いませんが、日頃からしっかりとシミを予防する対策をしておくということは大切です。若いときはターンオーバーの周期が早いのでなかなかシミが出来にくいですが、老化によってターンオーバーの周期が長くなってシミが出来やすくなるということを覚えておきましょう。