かゆみを放置するとシミになる可能性がある?

肌の乾燥から痒みを発することがあります。冬になると寒さで肌が乾燥しやすくなったり、暖房の刺激だったり日差しによっても痒みが増加することがあります。そういった痒みなどを発した場合、注意しておかないと色素沈着を引き起こしてしまってシミになってしまう可能性が高いです。そういった肌荒れが原因である色素沈着をどう防げばいいのかをお伝えします。

 

まず寒さだったり紫外線、そして肌に合わない化粧品などの刺激というのは肌に痒みを与えてしまいます。こういうものを放置したりかいてしまったりすることで、肌バリア機能の低下して炎症に繋がります。炎症をすると肌内部で活性酸素が発生し、それによってメラノサイトが活性化し、メラニン色素が生成されやすくなります。健康な肌でしたらターンオーバーでメラニン色素が排出されるのですが、肌が乾燥したり荒れたりするとターンオーバーが遅れて炎症性色素沈着に繋がります。

 

肌にかゆみを感じたら原因をブロックして健康な肌をとりもどしましょう。炎症性色素沈着のシミを予防するためにどうすればいいのか説明します。

 

まず、乾燥によるかゆみだったり、刺激などを防ぐようにしてください。保湿によって肌のバリア機能を高める事が刺激を防ぎます。次に生活習慣を整えるということが大事なことになります。規則正しい生活や栄養バランスのとれた食事を心がけることで肌のターンオーバーをしっかりと働かせることが大事なことになります。さらに言えば枕カバーやシーツなども清潔にしておくといいでしょう。

 

また、シミが出来てしまったら成分にビタミンC誘導体が含まれている化粧品でケアをするとメラニン色素の生成であったり活性酸素の働きを抑えてターンオーバーを正常にしますので、積極的に成分を見て選び、使用することをオススメします。